第一・二種電気工事士求人が多い紹介会社は?

電気設備士の仕事の主な流れ

電気設備士としての仕事は主に「現場施工管理や図面の作成」「積算」「打ち合わせ」「発注業務」「作業者への指示」などになります。現場の規模にもよりますが基本の業務体制としては現場代理人、主任技術者、施工図作成者といった役割分担があり施工図作成者においては予算上主任技術者が兼務する場合もあります。しかし主任技術者となると現場管理の負担が多くなり近年では施工図作成者としてCADオペレーターを利用するケースが増えているそうです。
つまり、電気設備士の「業務実績」とは施工の経験だけではなく、関連施工会社との打ち合わせでの意見力、材料や予算の積算力、支持を的確にだせる判断力なども重要とされるのです。将来性のある技術職としてのやりがいが大きいようですね。