第一・二種電気工事士求人が多い紹介会社は?

電気設備士としてキャリアアップ。大手へ移動するには?

電気設備会社として有名な企業は?きんでん、関電工、コムシスホールティングス、協和エクシオ、九電工などが大手企業として名をあげています。これら大手企業は多くの商業施設の電気設備業務を請け負っています。商業施設も近年では大規模な施設にとなると電気施工を一社ではなく複数の施工会社と共に業務にあたります。これを「JV=特定建設共同企業体」といいます。大規模な施設となると得意不得意の分野に偏りがでるためそれぞれ会社での得意とする分野の技術を合わせて施工や管理をしていくことになるのです。つまり同業各社の技術を合わせてひとつの設備をつくりあげていくということです。電気設備士は「業務実績」「経験年数」が重要とされる職業。JVでの業務は自分の経験を他社へアピールできるチャンスのときでもあるのです。JVをきかっけに中堅電設会社から大手電設会社へ引き抜きがあったりすることも多いそうです。
電気設備士としてのキャリアを重ねていくにはより多くの経験ができる会社に所属することも大切な選択肢のひとつになります。