第一・二種電気工事士求人が多い紹介会社は?

電気設備士になるためには

では電気設備士になるためにはどうすればいいか?もっとも要求されるのが「実務経験と現場経験数」です。資格としては「第一種電気工事士」や「第二種電気工事士」「一級電気管理技士」などがあるが実務経験があって試験を受けることできるものがほとんどです。
学歴はあれば大学であれば電気工学部卒業、専門学校であれば電気工学専門学校卒業、高校であれば工業高校を卒業している人が多くなっています。ただ学校で学んだ知識は「用語を把握する基礎知識」がほとんどなので学校を卒業すれば「電気設備士」として認められず、結果「実務経験」が要されることになるそうです。(特定技術者派遣について)
現場経験数とは現場の数や種類のこと。電気設備会社によっては「住宅」に特化している会社であったり「商業施設」に特化している会社などさまざまですが、いずれにしてもひとつの現場に長くいることより現場の数の経験のほうがあらゆるケースに対して応用ができるようになることが電気設備士に要求されるものとなります。