第一・二種電気工事士求人が多い紹介会社は?

電気設備士とは

部屋に入ってスイッチを押すと電気が点灯するのが当たり前に感じますよね。電気代金をきちんとおさめていれば照明はスイッチをいれれば必ず付きますし、コンセントをさせば電気は流れてきます。
照明もコンセントも日々の暮らしではとても必要不可欠なものといえるでしょう。
電気は停電が起きた時にそのありがたさを感じるものだと思います。
とはいっても電力が供給されていても電力と電灯の間をつなぐものがないと電気としては成り立ちません。この電気として成り立たせるのが「電気設備士」です。
電気設備士の仕事は、電力会社から送られた電力を「電気」や「照明」にかえてつなげる人の生活における「快適」や「安心」をつくること。
日々の暮らしの中で照らされると案外気がつかないけれど上を見上げれば規則的に配置された照明器具、快適に使えるように配置されたスイッチやコンセントなど電気設備設計に基づいたものなのです。「電気設備設計者」「電気設備施工者」技術によって日々の暮らしは明るく照らされているものなのです。